医療事務や調剤事務の資格を取るなら~楽得合格!通信講座~

OL

経営に欠かせない安定資格

簿記の資格の種類

女性

会社の経営に経理は必須です。経理は会社や企業の経営活動である帳簿を記録、計算、管理するのが主な仕事で、営業成績や財政状態を明らかにします。経理の仕事に就くには、簿記の資格が欠かせません。簿記には3級、2級、1級とあります。初心者はまず簿記の基礎を学べる簿記2級や3級から学びます。資格を取得することで経理への道が開けます。これは大きなメリットです。また、自営業者の方でも簿記2級の資格を持っていれば、経営の管理や改善に大きく役立ちますし、主婦の方でも家計の管理に役立ちます。簿記2級の資格を取得するには、簿記検定試験に合格しなければなりません。それには専門スクールに通うか、通信講座にて簿記技能を学ぶ必要があります。

資格には段階がある

簿記検定試験はとても難問で、合格率も低いです。なので、初心者の方は簿記3級からはじめます。簿記2級は3級をクリアした方で、会社や企業の経理について、専門知識があると認められます。簿記の講座では、指導経験豊かな現役のプロが指導し、初心者や数字の計算が苦手という方でも、わかりやすいテキストが人気です。またテキストだけではなくDVD解説もしています。さらに、合格に的を絞ったカリキュラムなので、無理なく資格取得が目指せます。講座で学び簿記2級や3級を取得すれば、会社や企業の経理部門で活躍することができます。それだけではなく、簿記ではさらに上級の資格である簿記1級があります。将来簿記1級を取得し、税理士にもなれます。その場合も講座は大いに役立つでしょう。