医療事務や調剤事務の資格を取るなら~楽得合格!通信講座~

OL

温かく薬局を支えよう

一定の訓練が必要です

PC操作

調剤薬局において薬剤師の事務的な作業をサポートする「調剤事務」、調剤薬局の増加によりそのニーズは高まっています。しかし調剤事務は誰でもすぐ始められるかといわれるとそうではなく、一定の訓練が必要です。訓練として一般的なのは講座ですが、働きながらでも学ぶことができる通信講座が様々な団体・スクールによって開講されています。そして通信講座の多くでは、調剤事務に関する資格取得をサポートする形でカリキュラムが組まれています。調剤事務に関する資格は様々ですが、基本的な内容についてはほとんど同じです。しかしながら、覚えることが多いため通信講座を選ぶ際は疑問点をすぐに質問できるサポート体制があるかどうか、レポート等の提出頻度などをよく調べて自分に合ったものを注意深く選ぶことが必要です。

いたわりの心を持つ「顔」

通信講座で調剤事務に関する資格を取得できたら、すぐに調剤事務ができるかといえばそうではありません。やはり、調剤薬局で実際に実務をしていく中で慣れていかねばならないことが多々あります。しかし、通信講座等であらかじめ知識を得ておくと慣れが早くなり、実務の上で早期に活躍することができます。調剤事務は薬剤師を支えるサポーターであり、また、調剤薬局を訪れる患者さんをできるだけ待たせずにスムーズに薬を受け取れるように円滑な業務を支えます。事務的なことだけでなく、いたわりの心を持って患者さんに接するサービス精神も必要とされます。素早さ、確実さ、そして温かいサービス精神が必要とされることが調剤事務の特徴で、薬剤師とともに調剤薬局の「顔」ともいえるでしょう。